新人銀行員の苦悩

銀行で働く新人サラリーマン。仕事のこと、日々のことについて書ける範囲で書いていきたいと思っています。

本当に大切な”モノ”はなにか

365日のシンプルライフ(2013)

監督・主演 ペトリ・ルーッカイネン

 

なんだか仰々しいタイトルになってしまったが、いつも通り映画の感想。今回紹介する映画はフィンランドに住む青年が行った「ある実験」を記録したドキュメントムービー。普段何気なく接している”モノ”について改めて考えることのできる一本になっている。

f:id:robin20van:20170107164813j:plain

あらすじ

 フィンランド在住のペトリ君。多すぎるモノに囲まれていた彼は自分にとって本当に大切な”モノ”を見つけるためにある実験を始める。その実験とは、家にある全てのモノを倉庫に預け、1日に1つだけ倉庫からモノを持ってくるというのを365日続けるというものである。初日はもちろん全裸スタート。極限までモノをそぎ落とした人間はどのような生活を送るのだろうか。

 

彼が最初に持ってきたもの

気になるのは一番最初に持ってくるモノだが、彼が選んだのはコートだった。この選択は当然と言えば当然かもしれない。着るものが無ければ外出もできないし、コートがあれば寝る時もなんとか暖はとれる。しかし、一日目は本当に寝心地が悪そうだった。(ヘルシンキの年間気温は4.8度)

その後の数日間も彼が持ってきたのは靴や下着といった衣類が中心であった。やはり衣食住という言葉が存在するだけあって「衣」の部分は相当重要なのだろう。その後、徐々に寝具→自転車やノートパソコンといった娯楽品→キッチン用品→家具などと推移していた。やってみないとわからないが、ほとんどの人は同じように推移するのだろうか。私もきっと似たような感じになるが、初日にはノートパソコンやスマートフォンを持ってきてしまうかもしれない。

 

彼がたどり着いた結論

「生活に必要なモノは100個くらいだ。次の100個は生活を楽しむため」

原文ではないが彼が最後に残したセリフである。実際にゼロの状態から生活をしたかれだから言える非常にシンプルで実践的な答えだ。モノは大きく分けて必需品と嗜好品に分類することができる。この当たり前のような認識を強めることがモノと上手に付き合うコツなのかもしれない。私もこの映画の影響をもろに受け、ノートに必需品と嗜好品を分類している途中だ。まずは自分が生活を楽しむための100の嗜好品をリストアップするところから始めてみたい。きっとこの100個が自分を映す鏡になる。

 

自分の生活を省みて…

常にモノが溢れる環境で暮らす自分にとってはなかなか刺激的な映画だった。この映画を見てからモノの見え方が少し変わるようになった。普段何気なく使っているモノでも、自分にとって本当に必要なのかそうでないのかを考えられるようになった。私はペトリ君のように大胆な実験はできないが、「少しずつでもモノとの付き合い方を変えていこう」そう思える一本だった。