読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人銀行員の苦悩

銀行で働く新人サラリーマン。仕事のこと、日々のことについて書ける範囲で書いていきたいと思っています。

【ネタバレ注意】ローグ・ワン感想

昨年12月からディズニーの手によって

再出発したスターウォーズシリーズ。

本編は隔年公開ということですが

合間合間にスピンオフ作品が

公開される予定になっています。

スターウォーズの安売りだ!」

なんて声が聞こえてきそうですが

多くのファンにとってはきっと嬉しいはず。

今回はその第一作目『ローグ・ワン』の

感想を書いていきたいと思います。

f:id:robin20van:20161221063352j:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/jonie/20151128/20151128213112.jpg 

先に書いておきますが

めちゃくちゃ面白かったです。

EP7の比じゃないくらい。

正直なことを言うと

今作はあまり期待をしていませんでした。

ルーカスフィルムが作ったものを

ディズニーが大幅に撮り直したという話を

事前に聞いていたからです。

しかし、ルーカスが絶賛したという話も

思わず頷けてしまう本作。

過去の作品と比べても

トップクラスの出来だったと思います。

さて、今回はこのえいがの見どころを

個人的に2か所選んでみました。

 

①改めて知るスターウォーズの奥深さ 

今回の舞台はEP4の少し前、

反乱軍が初めて帝国軍に勝利し

デス・スターの設計図を盗みだすことに

成功する戦いが描かれています。

実はこれEP4のオープニングで

触れられているんですよね。

時は内乱のさなか。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは”デス・スター”と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。凶悪な帝国軍に追われながらレイア姫は盗み出した設計図を手に故郷へと急いだ。人類を救い銀河に自由を取り戻すために....

出典:スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード4」字幕版

さすがに計算されていなかったにしろ

改めてスターウォーズワールドの

広大さと奥深さを実感します。

これがファンを生み出す

大きな理由かもしれませんね。

 

②『七人の侍』とローグ・ワン

ルーカスが黒澤明監督から

多大な影響を受けたというのは有名な話。

今作でもそのことが伺えます。

映画中に既に気づいたんですけど

ローグ・ワンのメンバーが7人。

これはほぼ間違いなく

七人の侍』の影響ですね。

この作品を見ている人ならきっと

通ずる部分を感じ取れるはずです。

まだ『七人の侍』を見ていない人は

ぜひ鑑賞してみてください。

『ローグ・ワン』の見え方も変わるはず。

 

正直、自分の中でも整理しきれていなくて

まとまりのない

レビューになってしまいました。

ですが、素晴らしい作品であることは

間違いないので

ぜひチェックしてみてください。

最後まで読んでくれて

ありがとうございました。