読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人銀行員の苦悩

銀行で働く新人サラリーマン。仕事のこと、日々のことについて書ける範囲で書いていきたいと思っています。

2016上半期映画ベスト5を勝手に選んでみた

11月も半ばを過ぎてしまいましたが

筆者が独断と偏見で選んだ

上半期映画ベスト5をまとめました。

5位 シング・ストリート 未来への歌

監督 ジョン・カーニー

主演 フェアディア・ワラッシュ=ピーロ

f:id:robin20van:20161118053056j:plain

http://beagle-voyage.com/wp-content/uploads/2016/07/maxresdefault.jpg

『はじまりの歌』で知られる

ジョン・カーニー監督作品。

ミニシアター中心での上演でしたが、

大きな話題となった作品です。

舞台は1985年ダブリン。

当時、ロックに夢中になった人から

若い世代まで楽しめる極上の青春ムービー。

 

4位 怒り

監督 李相日

f:id:robin20van:20161118053510j:plain

https://d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net/wp/wp-content/uploads/2016/09/ikari_poster.jpg

李相日×吉田修一の『悪人』タッグ再び。

とにかく映画から伝わってくる

熱量がすごかったです。

映画館であんなに息が詰まったのは

初めての経験でした。

「信じることとはなにか」

というテーマももちろん、

役者一人一人の気迫が伝わってくる一本。

 

3位 シビル・ウォー 

監督 アンソニー・ルッソ

   ジョー・ルッソ

f:id:robin20van:20161118054116j:plain

http://knowlog.site/wp-content/uploads/2016/05/maxresdefault.jpg

お祭り映画ここに極まれり。

今作はアベンジャーズ内で争いが勃発します。

自分の信じる正義ゆえの葛藤。

これまで光の当てられてこなかった

ヒーローの内面にまでライトを当てた作品。

単体でも十分楽しめる作品ですが、

関連作品視聴後の鑑賞をおすすめします。

 

2位 シン・ゴジラ

監督 庵野秀明

   樋口真嗣

f:id:robin20van:20161118054543j:plain

http://30smenstrouble.com/wp-content/uploads/2016/06/img_visual_jp-1-1.jpg

社会現象にもなった『シン・ゴジラ

 「なんだか凄いものを見てしまった」

というのが私の正直な感想でした。

現代日本を写したような作品で今でもSNSなどで考察・感想などをよく見かけます。

9月の公開ながらロングラン上映しているため

まだ見ていない人も間に合いますよ~

 

 

1位 君の名は。

監督 新海誠

声優 神木龍之介

   上白石萌香

f:id:robin20van:20161118055255j:plain

https://i.ytimg.com/vi/k4xGqY5IDBE/maxresdefault.jpg

現在も快進撃を続ける『君の名は。

この作品を1位に選出させていただきます。

若い世代を中心に大流行。リピーター続出。

(私も3回行ってきました)

新開誠が贈る傑作アニメーション。

こちらもまだまだ劇場で鑑賞できます。

 

 

 いかがだったでしょうか。

今年は本当に豊作で、

5作品選ぶのは中々骨が折れました。

本当は他にも紹介したい映画がありますが

それは別の機会に紹介しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。