新人銀行員の苦悩

銀行で働く新人サラリーマン。仕事のこと、日々のことについて書ける範囲で書いていきたいと思っています。

突然だが私にはささやかな夢がある。

それは書斎とホームシアターを作ることだ。

 

映画好きや本好きの方なら

一度は夢見たことがある思う。

 

大好きな本に囲まれた書斎で

コーヒーを飲みながら一日中読書をする。

DVD棚からその日の気分で映画を選び

自宅で用意できる最高の環境で映画を見る。

どちらも想像するだけで

よだれが出てきそうである。

 

しかし、最近不安に思うことがある。

モノのデジタル化が急速に進んでいることだ。

今回の話で言うならば、

電子書籍や動画サイトの台頭である。

ここ数年でこれらの市場は急成長を遂げた。

なかなか普及しなかった電子書籍

コミックを中心に読む人が増えてきている。

この間行った美容院には雑誌ではなく

雑誌の読めるタブレットが置いてあった。

動画サイトもユーザーが増えたなと感じる。

HuluやNetflixなどの会員も珍しくないし

Amazonプライムを利用する人も増えた。

 

いずれは映画や本などのコンテンツが

無料で楽しめる時代が来てしまうのだろうか。

こういったデジタルコンテンツが

豊富になることは喜ばしいことではある。

しかしデジタル化が進めば進むほど

紙の書籍やDVDの存在意義は薄れる。

私の夢が叶うころには

この世界はどうなっているのだろう。

形あるモノは淘汰されてしまうのだろうか。

 

好きなモノに囲まれることの幸せ。

これは何物にも耐え難いものである。

しかし、無形コンテンツが一般的になれば

私たちはそちらに慣れてしまうのだろうか。

 

今は全くこれらの分野と関係のない

職業についているが

いずれは有形コンテンツを残すような

仕事に関われたらなと思う。

 

最近見た映画

冷え込んできましたね~

今週はまさかの積雪!!

11月に雪が降るのは実に54年ぶりだそうで…

 

今回は最近寒くて

引きこもりがちの筆者が

最近鑑賞した家で見れる

おすすめ映画を紹介します。

 

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

f:id:robin20van:20161126093244j:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tak15/20120722/20120722150205.jpg

監督 ガイ・リッチー

主演 ニック・モラン

   ジェイソン・ステイサム

   ジェイソン・フレミング 

   デクスター・フレッチャー 

なんだ、この長いタイトルは…

と思う方も多いはず。

しかし、1998年にイギリスで

年間最高興行収入を

記録した作品とだけあって

作品の質は間違いないです。

ストーリーは悪友4人が儲け話を

画策しますが逆にハメられ

借金を背負ってしまい、

その返済のために格闘する話です。

登場人物各々の思惑が

交錯しながら進む展開に

あなたもきっと夢中になるはず!

ちなみに昨年流行したスパイ映画、

『コードネームU.N.C.L.E』は

この監督の作品です。

 

②サイコ

f:id:robin20van:20161126092003j:plain

http://image.eiga.k-img.com/asa10/2013/375/308.jpg

監督 アルフレッド・ヒッチコック

主演 アンソニー・パーキンス

   ジャネット・リー

 ジャケット写真が結構有名なので

見たことある方も多いのでしょうか。

物語は不動産屋で働く女性が

会社のお金を車で

持ち逃げするところから始まります。

しかし、立ち寄ったモーテルで…

ヒッチコック監督の代表作。

この監督の作品を見るのは

私もこれが初めてでした。

緊張感のある展開と不安を煽る音楽。

ヒッチコックワールドをご堪能あれ。

 

 

③22ジャンプストリート

f:id:robin20van:20161126092418j:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mamekuraken/20150305/20150305184940.jpg

監督 フィル・ロード

   クリストファー・ミラー

主演 チャニング・テイタム

   ジョナ・ヒル

 『21ジャンプストリート』の続編にあたる作品。

ぶっとんた警官二人の

ドダバタコメディ映画。

前作では高校に忍び込んだ二人が

今回は大学で潜入捜査を行います。

前作に引き続き爆笑の連続でした。

何も考えずに

元気になりたい人にオススメ。

続編の作成も決定してるみたいですよ~

 

いかがだったでしょうか。

寒い季節、家を出るのが億劫だよ

という人はぜひ試してみてください。

量と質

「量より質だ」

「とりあえず量をこなせ」

どちらもよく耳にする言葉だ。

量と質というこのテーマに関しては

誰もが一度は考えたことあると思う。

 

 あなたは量派と質派どちらだろうか。

 

私は自分のことを質派だと思っていた。

面倒くさがり屋ということもあり

常に効率の良いやり方がないか探していた。

本や映画を選ぶときも

「傑作」や「名作」と

呼ばれるものばかりを選んできた。

いかに効率よくいいものに触れるかという

考え方がベースにあったのかもしれない。

 

しかし、少し前に雑誌で

「量なき質はありえない」

という言葉を見つけた。

久しぶりにストンと腑に落ちる感覚を

味わったのを覚えている。

それと同時に

今まで自分が求めていた「質」というものが

一体なんだったのかわからなくなった。

 

結局、はじめから

綺麗に整理しようとしても駄目なのだ。

 

私はここ3年間で映画を見るようになった。

最近は幅広いジャンルを見るようになったが

見始めのころは名作と呼ばれる映画ばかりを

レンタルしては鑑賞していた。

素晴らしい作品も多かったが、

「これがなんで名作なんだ?」

と感じる映画もそこそこあった。

 

しかし、3年映画を見続けていると自分の中で

基準というものが徐々にできあがってくる。

ベースができてくると見え方というのが

これまでと全く変わってくる。

面白いと思っていた作品や

久々に再会した作品が

全く別の物に変わってるといったこともよくある。

 

とりあえず量をこなしてみる。

この過程を経て初めて

質を追求できるようになるのだと思う。

 

きっとこの考え方は何にでも応用できる。

これからなにか新しいことを始めようとしている人、

最近なにか新しいことを始めた人は

面倒くさがらずにがむしゃらに没頭してほしい。

2016上半期映画ベスト5を勝手に選んでみた

11月も半ばを過ぎてしまいましたが

筆者が独断と偏見で選んだ

上半期映画ベスト5をまとめました。

5位 シング・ストリート 未来への歌

監督 ジョン・カーニー

主演 フェアディア・ワラッシュ=ピーロ

f:id:robin20van:20161118053056j:plain

http://beagle-voyage.com/wp-content/uploads/2016/07/maxresdefault.jpg

『はじまりの歌』で知られる

ジョン・カーニー監督作品。

ミニシアター中心での上演でしたが、

大きな話題となった作品です。

舞台は1985年ダブリン。

当時、ロックに夢中になった人から

若い世代まで楽しめる極上の青春ムービー。

 

4位 怒り

監督 李相日

f:id:robin20van:20161118053510j:plain

https://d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net/wp/wp-content/uploads/2016/09/ikari_poster.jpg

李相日×吉田修一の『悪人』タッグ再び。

とにかく映画から伝わってくる

熱量がすごかったです。

映画館であんなに息が詰まったのは

初めての経験でした。

「信じることとはなにか」

というテーマももちろん、

役者一人一人の気迫が伝わってくる一本。

 

3位 シビル・ウォー 

監督 アンソニー・ルッソ

   ジョー・ルッソ

f:id:robin20van:20161118054116j:plain

http://knowlog.site/wp-content/uploads/2016/05/maxresdefault.jpg

お祭り映画ここに極まれり。

今作はアベンジャーズ内で争いが勃発します。

自分の信じる正義ゆえの葛藤。

これまで光の当てられてこなかった

ヒーローの内面にまでライトを当てた作品。

単体でも十分楽しめる作品ですが、

関連作品視聴後の鑑賞をおすすめします。

 

2位 シン・ゴジラ

監督 庵野秀明

   樋口真嗣

f:id:robin20van:20161118054543j:plain

http://30smenstrouble.com/wp-content/uploads/2016/06/img_visual_jp-1-1.jpg

社会現象にもなった『シン・ゴジラ

 「なんだか凄いものを見てしまった」

というのが私の正直な感想でした。

現代日本を写したような作品で今でもSNSなどで考察・感想などをよく見かけます。

9月の公開ながらロングラン上映しているため

まだ見ていない人も間に合いますよ~

 

 

1位 君の名は。

監督 新海誠

声優 神木龍之介

   上白石萌香

f:id:robin20van:20161118055255j:plain

https://i.ytimg.com/vi/k4xGqY5IDBE/maxresdefault.jpg

現在も快進撃を続ける『君の名は。

この作品を1位に選出させていただきます。

若い世代を中心に大流行。リピーター続出。

(私も3回行ってきました)

新開誠が贈る傑作アニメーション。

こちらもまだまだ劇場で鑑賞できます。

 

 

 いかがだったでしょうか。

今年は本当に豊作で、

5作品選ぶのは中々骨が折れました。

本当は他にも紹介したい映画がありますが

それは別の機会に紹介しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ハドソン川の軌跡

監督:クリント・イーストウッド

主演:トム・ハンクス

f:id:robin20van:20161022035816j:image

http://xn--5ck1ak6it68xsha433a5p5a.com/wp-content/uploads/2016/09/maxresdefault1-1.jpg

あらすじ

2009年に起きたUSエアウェイズ1549便の不時着水事故。乗客と乗組員155名全員が無事という、まさに奇跡としか言いようがないない生還劇。しかしこの生還劇の裏では機長の判断に対して厳しい追及が行われていた…。

全員の命を救ったサレンバーグ機長はなぜ疑われなければならなかったのか。知られざる物語がイーストウッド監督とトム・ハンクスのタッグで描かれる。

 

感想

議論を巻き起こした『アメリカン・スナイパー』の後ということもあり、今作も重そうだなと勝手に身構えながらの鑑賞となりましが、全く心配無かったです。今作はサレンバーグ機長を称賛する作品となっており、イーストウッド作品としては珍しい清々しい気持ちになれる作品でした。

 

判断を下すということ

水を差すようですが、今作を見てて一つ思ったことがあります。それは「機長の判断が間違っていたとしたら、それでも機長は英雄でいられたか」ということ。今回の事故では機長の判断が正しかったことが証明されていたため、こんなことは考える必要は無いかもしれません。しかし今後、似たようなケースというものが必ず出てくると思います。

年々、ビッグデータなどの活用により、今まで人間の経験則に頼っていたものもコンピューターが答えを出せるようになってきています。そうなってくると今までグレーだったものであってもコンピューターが白か黒をはじき出し、判断のミスがあった場合はそれご糾弾されるようになるのだと思います。

これからの時代、判断を下すということの概念が変わってくるのではないでしょうか。たくさんのデータを蓄積し、進化するコンピューター。やってみるまで結果はわからないと言える時代も終わりが来るのかもしれません。そんなことを考えさせられる一本でした。

ナイトクローラー

ナイトクローラー(2015)

監督  ダン・ギルロイ

主演  ジェイク・ギレンホール

f:id:robin20van:20161105091402j:image

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/74/f9/91fa8b21776571766dac0b34d144bfe0.jpg

あらすじ

舞台はロサンゼルス。主人公のルーはあてもなく街をさまよっていた。そんな時、偶然遭遇した事故現場でルーは現場の映像や写真をテレビ局に売る「ナイトクローラー」の存在を知る。

 

感想(ネタバレあり)

ジェイク・ギレンホールの怪演が話題となり流行になった本作。ジャケット写真からすでに不気味さが漂っていますよね。内容もかなりショッキングな作品でした。主人公は自分の目的のためなら犯罪だってなんだってやるクズ男。しかし、そんな男が次々と成功を収めていく。納得できないと思いながらも、非常に勉強になる一本でした。ちなみにこの作品「ルパート・パプキンの再来」と言われています。このルパート・パプキンというのが『キング・オブ・コメディ』(1983)の主人公。こちらもスコセッシ×デニーロのコンビの名作ですので気になる人はチェックしてみてください。

 

「ビジネス」と「人格」

この作品の最大のテーマの一つ。社会病質者がパパラッチとして成功していく様子を通じて監督は、社会的な成功と人格は必ずしも結びつかなと言いたかったんだと思います。職場にもいますよね?人には慕われているもののなかなか出世できていない人。ビジネスの場では非情な決断を求められることがあり、その判断は時には人を不幸にすることもあります。人格者と呼ばれる多くの人たちは良心の呵責を感じてしまい、そういった判断が下せないのではないでしょうか。『ナイトクローラー』はそんなことを教えてくれる映画でした。人格こそ最大の武器と思っていた私にはなかなか刺激が強かった…。

 

【偉人たちに学ぶ】筋トレのとき思い出したい名言

私事ですがロッキーに触発されてから2年、細々と筋トレを続けております。まあ、筋トレと言っても5分くらいで終わる簡単なもので、当然絶大な効果はなく、多少筋肉がついたかな…と感じる程度です。しかし、映画ばかり見て普段中々運動する機会のない自分にとっては2年間続けるのは中々つらいものでした。今回はそんな僕を支えてくれた名言たちを紹介したいと思います。

 

f:id:robin20van:20161112101344j:plain

http://www.geocities.jp/nonkiehouse/films/rocky/ROCKY1_JP-9.jpg

 

アーノルド・シュワルツェネッガー

f:id:robin20van:20161112110642j:plain

「筋肉がNoと答えたら、私はYesと答える。」

http://blog-imgs-80.fc2.com/c/b/t/cbtah/syuwa1.jpg

林修

f:id:robin20van:20161112110928j:plain

「これから一か月間頑張れ。そうすればこれからの人生が変わる。一ヶ月頑張る人間は一年頑張ることができる。一年頑張る人間は10年頑張ることができる。10年頑張る人間は一生頑張るから。」

http://www.sanspo.com/geino/images/20140630/int14063012000001-p2.jpg

③アポロ・クリード

f:id:robin20van:20161112112227j:plain

「明日なんてない!」

http://stat.ameba.jp/user_images/20150509/11/hi-busou-sensen/b1/d3/j/o0254034013301447905.jpg?caw=800

イチロー

f:id:robin20van:20161112111501j:plain

「なにかを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。」

http://full-count.jp/wp-content/uploads/2015/12/20151213_ichiro-560x371.jpg

不明

f:id:robin20van:20161112111151j:plain

 「今日が残りの人生で一番若い日なんだから、筋トレは今日始めるのが一番いい。

https://welq.cdn-dena.com/images/51040/505500861-muscular-young-male-boxer-standing-on-grey-gettyimages.jpg/normal?1448770401

 

いかがだったでしょうか。ちなみに私が一番好きなのは①のシュワルツェネッガーの言葉。トレーニング中に思い出すと本当に力が湧いてきます。なかなかトレーニングの習慣が定着しない人やこれから始めてみようかなと思う人のお役にたてたらうれしいです。それでは今回はこの辺で。