新人銀行員の苦悩

銀行で働く新人サラリーマン。仕事のこと、日々のことについて書ける範囲で書いていきたいと思っています。

ソーシャルゲームは身の丈に合わない娯楽だ

先日、携帯に残っていた最後のソーシャルゲームとお別れをしました。

3年に渡って遊び、結構課金もしていたゲームだったので正直アンインストールするのはとてもつらかったです。しかし、これから失われるであろう時間とお金には代えられないと思い削除を決めました。

 

中学生のころからずっと身近にあったソシャゲ。

モバゲーの「怪盗ロワイヤル」から始まり、スマホに変えてからも随分と遊ばせてもらってきました。ちょっとした息抜きにはぴったりで、勉強の合間や移動時間などによく遊んでいました。しかし、今思えば自分は遊び方がとても下手でした。一度課金の味を知ってからは基本的に無料プレイでは満足できず、イベントごとに課金をし一喜一憂しているゲーム会社にとっては理想のお客さんだったと思います。

 

今回辞めるにあたって、ソシャゲについて書かれた記事や書籍をいくつか読み、自分なりに「なぜソシャゲにハマってしまうか」をまとめてみることにしました。課金に悩む人や辞められなくて困っている人の一助になれば嬉しいです。

 

①時間とお金を結びつける力がとにかく強い

ソシャゲの凄いところは驚異的なマネタイズ力です。基本的にソシャゲは無料でプレイできますが、ずっと遊んでいられる訳ではありません(遊んでいられるものもありますが)。時間で回復できる体力的なモノがあり、それを消費することでプレイすることができます。つまりプレイヤーはゲームをプレイするためにはスタミナが回復するのを待たなければいけないのです。ここにゲーム内アイテムが登場します。このアイテムは無くなったスタミナを回復させたりキャラクターを入手するために使われます。基本的には有料ですが、無料プレイでもある程度は手に入るようにできています。しかし無料配布分などたかがしれていますので、体力をすぐに回復したい人やすぐに強くなりたい人はアイテムを購入することになるのです。この時点で課金する人の頭にあるのは「1週間コツコツプレイするなら1000円払ってしまおう」というものです(何も考えていない人もいるでしょうけど)。ここにソシャゲの恐ろしさが集約されています。無意識のうちに時間とお金がゲームによって結びつけられてしまうのです。

 

②承認欲求を掻き立てるシステム

 多くのソシャゲにはフレンド機能というものがあります。他のプレイヤーとつながるシステムですね。フレンドになるとその人のキャラクターを自分のものとして使えるなど様々な恩恵を受けることができます。しかし、フレンド数には上限があるため強いプレイヤーは強いプレイヤー同士でつながろうとする傾向があります。そのため強い人とつながるために自分も強くなろうとする心理が働いてしまうのです。この現象は特にオンラインゲームで顕著で、ネットには「自分がいないと他のプレイヤーに迷惑がかかる」というような発言もありました。ここまで来ると遊びの域を出て最早仕事のようになってしまってますよね。

 

コンコルド効果

 この言葉を聞いたことある人も多いかもしれませんね。「せっかくここまでやったんだから今辞めるのは勿体ない」っていうあれです。先ほどの項とかぶりますが時間やお金を消費するわけだからやめにくいですよね。私もアンインストールにあたって、これまでかけてきた時間とお金のことが頭をよぎってなかなか決断できませんでした。アンインストール後もしばらくは物凄い喪失感を味わいましたが、ここは割り切るしかないと思います。今これから失われるであろう時間やお金を守ることの方が大切です。コンコルド効果に打ち勝つことはこれはソシャゲだけでなく人生全般を豊かにします。つまらない映画は途中でも席を立つ、辞めようと思ったら辞める人がきっと成功を掴めるんだと思います。

 

以上の3点から私がたどり着いたのは

ソーシャルゲームは身の丈に合わない娯楽だ」

という結論です。ソシャゲを作っているのは高学歴のエリートたちです。彼らが本気で頭を使い私たちからお金を搾り取りに来ているのです。そもそもここまで計算されたゲームを真っ当に遊ぼうとする方が無理なのです。

 

もちろんソシャゲをきちんとコントロールしながら遊べている方もたくさんいます。そういった方はこれまで通り遊んでいただければ良いと思います。しかし、その一方で生活に支障が出てくるレベルの廃課金プレイヤーが一定数いるのも事実です。ソシャゲは手軽ですが恐ろしい娯楽です。この記事を読んで悩みが解決される人が一人でもいてくれたら嬉しいです。

 

なんでもベスト10

暖かくなったり寒くなったり迷惑な季節ですね。

インフルエンザやウイルス性胃腸炎などが流行っていますが読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。くれぐれも健康管理には気を付けてこの冬を乗り切りましょう。

 

今日は最近ハマっている「なんでもベスト10」作りについて書こうと思います。

この「なんでもベスト10」とは、本当になんでもいいから自分なりにランキングを作ってみるという遊びです。趣味に関わるランキングでもいいし行きたい場所ランキングでもいいし、苦手な人ランキングでもいい。とにかく10個を選んでランキングを作ります。

 

なんでこんなことを始めたかというと、自己分析をするのにいい訓練だなと思ったからなんです。自分の好きなことや嫌いなことって意外とわからないですよね。なんとなく好き、なんとなく嫌いでも生きていくうえでは困らないけど、「好きな理由を聞かれたときに自分なりに答えられるようになりたい」と思ったのがきっかけで、このランキング作りを始めてみました。

 

やってみるとわかるんですけどこれが意外と難しい。

まず前提としてある程度こなしているものでないとランキングが作れない。ランキングを作り始めても母数が無いと選ぶに選べませんからね。結構、上位の方は比較的早く埋まるんですが6位とか7位あたりになってくるとペンが止まってきます。詳しいと思ってたのに、そんなに知らなかったんだなという気づきもきっとあるはず。

また、趣味にしているものや詳しいものでも相当深堀しないとランキングが作れません。自分は映画が好きで一番最初にランキングを作ってみたんですけどなかなか10本が選べない。確実にランクインするなというものは選べるんですけど、そこから甲乙つけるのが本当に大変。趣味を深堀するのに凄く効果的だと思います。

 

 読者の皆様も時間があったら自分なりのランキングづくりをしてみてください。きっと新しい気付きがあるはず。

地銀で1年働いて感じたこと

こんばんは。今日は少し趣向を変えて私が働いている「銀行」についての記事を書こうと思います。私が働いているのは地方銀行なので、すべての人にというわけにはいきませんが、これから地銀に就職しようとする人、地銀の内情を知りたい人の役に立てると嬉しいです。

 

良かった面

①労働環境は改善されている

まず入行して一番びっくりしたのがこれ。意外と労働環境が悪くないんです。私の支店では残業は月10時間程度とかなり少なく、大体6時には帰れます。他の業界に就職した同級生には月40~60時間残業している人もいるので、労働環境についてはめちゃくちゃホワイトだなと感じます。ただし、これは配属される支店によってはかなり格差があるみたいです。来店客数の多い店舗や残業が当たり前になっている店舗に配属されてしまうと「働きやすい」なんて言えなくなるのかも…。

 

②研修制度の充実

研修もとても充実していると思います。やはり「信頼」を売りにする職業ですからビジネスマナーや礼儀作法はしっかり教えてくれます。会社によってろくに研修も実施せずいきなり外回りに出すなんて会社もあると思うので、このへんはとても優れていると思います。銀行員が転職に有利と言われるのも、こういった研修で培ったビジネスマナーや礼儀作法が活きているからではないでしょうか。

 

③お金について詳しくなれる

 これも良い面ですね。生活する上で「お金」は切っても切り離せないものですよね。そんな「お金」について日常的に学べるのは銀行の大きな魅力かもしれません。保険や投資、ローンなど普通に生活していると選び方とかわからないですよね。しかし、銀行員の仕事はこれらの金融商品を人に勧めること。仕事をしていれば自然と実生活でも使える知識が習得できます。

 

悪かった面

①お金を扱うことへのストレス

よく言われることですがお金を扱うことへのストレスは確実にあります。有名な話で「1円でも合わないと帰れない」というものがありますがこれは本当です。お客様からお金を預かるという職業上、バイトのレジのようにはいきません。人の人生を左右しかねない「お金」。これを扱うのはそれなりの覚悟が必要でしょう。

 

②勉強がそれなりに大変

資格試験はかなり多いです。特に若いうちはガンガン受けさせられます。私は今年だけで9つの試験を受けました。受験する資格試験の難易度は各銀行によって差があるでしょうがどこの銀行も大差はないんじゃないでしょうか。それに加え通信教育の受講もあるため勉強時間の確保がなかなか大変です。資格は強制ではないですが、資格をとらないと白い目で見られます。勉強が嫌いな人は苦労するかもしれません。

 

③有給がとれない

うちの銀行だけかな?いや、そんなことはないはず。銀行で働く以上、有給は取れないものと思った方がいいでしょう。なぜか人員が常にカツカツの営業店。制度上はもちろんとれますが自己都合で有給をとろうものなら上司や同僚から白い目で見られるでしょう。

 

④若いうちは給料が安い

 銀行員の離職率が高いのは有名な話ですね。それを見込んでか若いうちは給料がなかなか上がらないです。うちの銀行では役職ごとに滞留年数というものがあり、どんなに優秀でも滞留年数をこなさないと昇進することはできません。そのため入行してから数年は、しばらく我慢が必要です。役職がつけばそこそこもらえるみたいですが、しばらくは割に合わないと感じるかもしれません。

 

⑤将来がとにかく不安

銀行というと「安定」というイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし、実情は全然違います。驚く方もいるかもしれませんが「銀行員」という職業は「10年後に無くなる職業」の常連なんです。というのも、機械にとって代わられるような仕事が非常に多いんですよね。最近はFintech(FinanceとTechnologyの造語)という言葉もよく耳にするようになりました。この分野の伸び次第では、事務しかできない銀行員はお役御免という時代もそんなに遠くないのかもしれません。

 

いかがだったでしょうか。悪口ばかりでしたが、学べることも多い職業であるというのは間違いないです。この記事が今後銀行員を目指す人や興味のある人の一助になればうれしいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログタイトル変えました

おはようございます。あっというまに2月になってしまいましたね。ようやく暖かくなってきたかと思いきや来週はまた寒波が来るみたいなので、春の訪れはもう少し先になりそうです。インフルエンザも流行っているので体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

さて、今日はブログのタイトルを変更してみました。以前は「あの映画を見たよ」というタイトルでブログを書いていたのですが、このタイトルだと映画以外の記事が書きにくかったので、今回「新人銀行員の苦悩」に変更しました。これまで通り映画や本の記事を中心に、たまに仕事のことや日々のことについても書けたらいいなと思っています。読者の皆様、引き続きよろしくお願い致します。

【人工知能への警鐘】エクス・マキナ

エクス・マキナ(2015)

監督:アレックス・ガーランド

主演:アリシア・ヴィギャンデル

   ドーナル・グリーンソン

 

トランプ大統領がいよいよ就任しましたね。就任演説直後にTPP脱退表明、「米国第一主義」の旗の元、彼は一体どんな政策を打ち出すんでしょうか。さて、今回紹介するのは人工知能を題材とした作品『エクス・マキナ』。既にそこまで来ている未来を描いているせいか、妙にリアリティがあって久々にいいSFを観た気がしてます。

 

あらすじ

大手検索エンジン会社”ブルーブック”には抽選で選ばれた者が、社長の別荘に1ヶ月滞在できるという特別な制度があった。偶然にもその権利を得たケイレブは広大な敷地を誇る別荘に赴くが、そこで彼は人工知能をに関する不思議な実験に巻き込まれることとなる。

f:id:robin20van:20170121184134j:plain

http://nenozero.info/wp-content/uploads/2016/04/ex_machina_02-300x138.jpg

 

人工知能が人間を超えるのはいつか?」

今最も熱い問題の一つです。これには諸説あるらしいですが2045年というのが有力らしいです。でも、この映画を見たりすると、人間が人工知能に追い抜かれる日もそう遠くない、もしくは既に抜かれてるのかもなんて思ってしまいます。

僕の個人的な意見ですが人工知能は人類にとって大きなリスクになりうると思っています。上手に使えばテクノロジーの世界に爆発的な進歩をもたらす可能性がありますが、あまりにも不確実なことが多すぎる。あくまで人工知能は道具です。道具は人間が使いこなせるということが必須条件ですが僕は人工知能は人間に使いこなせるものではないと思っています。利便性を求めすぎて未だかつてないリスクを犯すのは正直辞めて欲しい。この映画を観てさらにその気持ちが強くなった気がします。

本の未来

ついに電子書籍を買ってしまった。

正直、電子書籍はいけ好かないと思っていたので、買うつもりはなかったのだが、部屋の収納スペースの問題、また、使ったこともないのに電子書籍についてとやかく言うのもどうかと思ったので今回購入を決意した。

 

今日はちょうどいい機会だと思ったので、本の未来について私の考えを少し書きたいと思う。未来というと少し大袈裟な気もするので、「紙の本は無くなるのか」というテーマに絞って書いていこうと思う。

 

さて、電子書籍が登場してから随分と時間がたった。「電子書籍元年」と叫ばれたのは今から6年前の2010年。だが、結局その年に電子書籍はなかなか普及しなかった。電子書籍大国のアメリカでは「書店が遠い」という地理的な理由から電子書籍が普及した側面があるが、全国津々浦々に書店がある日本ではそれほど本へのアクセスに困らなかったというのが大きな理由だろう。しかし、2012年あたりからタブレットの普及などに伴い電子書籍の売り上げが伸び始める。出版業界の売上高が年々落ちているのに対し、電子書籍の売上高は年々伸び続け、現在では出版業界の売り上げの約10%が電子書籍だと言われている。このまま紙の書籍は電子書籍に飲み込まれてしまうのだろうか。

 

結論から書こう。

私の意見では紙の本は無くならない。

しばらくは電子書籍が伸びる状況が続くと思うが、電子書籍市場占有率は伸びても30%くらいだと私は予測している。現にアメリカでは順調に伸びていた電子書籍の売上高が市場占有率20%を超えた時点で失速している。

 

様々なコンテンツがデジタル化された現代で、なぜ本は現在の形を保っているのだろうか。その答えは本を読むという行為そのものにあると私は考えている。スマートフォンやPCが普及している現在では、多くの人がデジタルという鎖に否が応でも縛り付けられてしまっている。いつ来るかわからない友人からの連絡や、ふとした時間にチェックできるSNSやアプリケーションなどデジタルのスイッチを切るのはなかなか難しい。しかし、本を読むという行為はデジタルから切り離された行為だ。目の前にある本に没頭している間は、デジタルの呪縛から解放されることができる。電子書籍ではなかなかそうはいかない。

 

デジタルは非常に便利なものだが使いこなすのは非常に難しい。たまには距離をとらないと支配しているつもりでも支配されてしまう。そういった意味でも紙の本は貴重な存在だ。紙の本は現代に残されたアナログ最後の砦なのである。その砦を我々は失ってはならない。

 

 

本当に大切な”モノ”はなにか

365日のシンプルライフ(2013)

監督・主演 ペトリ・ルーッカイネン

 

なんだか仰々しいタイトルになってしまったが、いつも通り映画の感想。今回紹介する映画はフィンランドに住む青年が行った「ある実験」を記録したドキュメントムービー。普段何気なく接している”モノ”について改めて考えることのできる一本になっている。

f:id:robin20van:20170107164813j:plain

あらすじ

 フィンランド在住のペトリ君。多すぎるモノに囲まれていた彼は自分にとって本当に大切な”モノ”を見つけるためにある実験を始める。その実験とは、家にある全てのモノを倉庫に預け、1日に1つだけ倉庫からモノを持ってくるというのを365日続けるというものである。初日はもちろん全裸スタート。極限までモノをそぎ落とした人間はどのような生活を送るのだろうか。

 

彼が最初に持ってきたもの

気になるのは一番最初に持ってくるモノだが、彼が選んだのはコートだった。この選択は当然と言えば当然かもしれない。着るものが無ければ外出もできないし、コートがあれば寝る時もなんとか暖はとれる。しかし、一日目は本当に寝心地が悪そうだった。(ヘルシンキの年間気温は4.8度)

その後の数日間も彼が持ってきたのは靴や下着といった衣類が中心であった。やはり衣食住という言葉が存在するだけあって「衣」の部分は相当重要なのだろう。その後、徐々に寝具→自転車やノートパソコンといった娯楽品→キッチン用品→家具などと推移していた。やってみないとわからないが、ほとんどの人は同じように推移するのだろうか。私もきっと似たような感じになるが、初日にはノートパソコンやスマートフォンを持ってきてしまうかもしれない。

 

彼がたどり着いた結論

「生活に必要なモノは100個くらいだ。次の100個は生活を楽しむため」

原文ではないが彼が最後に残したセリフである。実際にゼロの状態から生活をしたかれだから言える非常にシンプルで実践的な答えだ。モノは大きく分けて必需品と嗜好品に分類することができる。この当たり前のような認識を強めることがモノと上手に付き合うコツなのかもしれない。私もこの映画の影響をもろに受け、ノートに必需品と嗜好品を分類している途中だ。まずは自分が生活を楽しむための100の嗜好品をリストアップするところから始めてみたい。きっとこの100個が自分を映す鏡になる。

 

自分の生活を省みて…

常にモノが溢れる環境で暮らす自分にとってはなかなか刺激的な映画だった。この映画を見てからモノの見え方が少し変わるようになった。普段何気なく使っているモノでも、自分にとって本当に必要なのかそうでないのかを考えられるようになった。私はペトリ君のように大胆な実験はできないが、「少しずつでもモノとの付き合い方を変えていこう」そう思える一本だった。